穀物価格に焦点を当てた当サイトの内容

新興市場は、引き続き、手掛かり材料に乏しいものの、主力株を中心に底堅い展開となりそうだ。昨日は日経平均が小幅安に留まったのに対し、マザーズ指数は約2%の上昇となるなど、個人投資家の中小型株に対する物色意欲の強さが支援材料となるだろう。

当サイトの内容に関して

当サイトは3・11震災後の穀物価格に焦点を当て、また世界の経済、金融、商品先物取引に関する内容を記載しています。当内容は様々な文献を参考にしておりますが、その正確性を保証するものではありません。自己の判断にてお読みくださいますようお願いいたします。またiphoneでお問い合わせの方は、無料で使えるiphoneアプリをご利用くださいますようお願いいたします。