鬼滅の刃 187話のネタバレ・感想 【無垢なる人】

Dr.STONE
出典:鬼滅の刃

鬼滅の刃187話『無垢なる人』のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

187話のネタバレ

鬼舞辻無惨という男とは

今回も縁壱の回想シーンから物語は始まります。

縁壱から見た無惨という男とは一体・・・・・・

出典:鬼滅の刃

その男は暴力的な生命力に満ち溢れていた 火山から吹き出す岩礁を彷彿させる男だった ぐつぐつと煮え滾り全てを飲み込もうとしていた』という。

呼吸を使う剣士にはもう興味がない」と言うや否や男は腕を打ち振るった。

ここから縁壱と無惨の戦いが始まります。

恐るべき速さと間合いの広さ。

攻撃を避けると遥か後方まで竹が切り倒される音がしました。

『擦り傷でも死に至ると感じた』
縁壱は生まれて初めて背筋がひやりとしました。

何と男(無惨)には”心臓が七つ 脳が五つ”もあったのです!

出典:鬼滅の刃

この瞬間縁壱は剣技の型が完成します。
この型で無惨を斬ることができました。

その時炭治郎は思いました。
『完成した型・・・!! 十三個目の・・・? 知りたい!! 教えて欲しい!!』と。

無惨は自らの肉体が再生しないことに困惑している様子。

切られた頚が落ちないように支えていましたが、繋がることはありませんでした。

縁壱の赫刀は鬼の始祖でも覿面に効くことがわかりました。

縁壱は無惨にどうしても聞きたいことがありました。

命を何だと思っている?」と。

それに対し無惨からの返答はありませんでした。

無惨は縁壱を見ていましたが、怒りのためか顔が赤黒く膨れ上がっており、縁壱の言葉は無惨の心まで届いていない、縁壱は思いました。

縁壱はふと鬼の娘(珠世)に目を向けると、無惨を助けようともせず、前のめりにカッと目を見開き、頚を切られた無惨を凝視していました。

出典:鬼滅の刃

奇妙なことにその瞳はきらきらと希望の光で輝いて見えました。

縁壱は珠世よりも先に無惨に止めを刺すことにしました。

無惨は死んだ?

縁壱が一歩無惨に近づくと、無惨から食い絞められた奥歯の砕ける音がしました。

出典:鬼滅の刃

その瞬間、無惨の肉体は勢い良く弾けたのです!

千八百に散らばった肉片のうち、千五百と少しをその場で斬りましたが、残りの肉片は小さすぎて斬ることができませんでした。

合わせれば恐らく人間の頭程の大きさの肉片を逃してしまったのです。

縁壱が立ち尽くしていると、悲鳴のような鳴き声のような珠世の声と共に倒れこむ音がしました。

もう少しだったのに もう少しだったのに・・・・・・ 頸の弱点を克服していたなんて・・・

言葉を絞り出して珠世は頭を掻き毟りながらこう言いました。
死ねばよかったのに!! 生き汚い男!! 鬼舞辻無惨・・・!!
と涙を流しながら。

出典:鬼滅の刃

慌てふためく珠世を宥めると、縁壱は堰を切ったように無惨について話してくれました。

そして鬼の始祖鬼舞辻無惨はもう縁壱が死ぬまで姿を現さないだろうと言いました。

縁壱は無惨の支配から解放されたいという珠世に無惨を倒す手助けを頼みました。

珠世は初め戸惑っていましたが、承知をします。

その時の珠世の目は悲しい目をしていました。

その後駆けつけた仲間から、縁壱の兄が鬼になってしまった、と聞きました。

縁壱の身に起こったこととは?

無惨を倒せなかったことと、珠世を逃がしたこと。
兄が鬼になってしまったことの責任を取るため、縁壱は鬼狩りを追放されてしまいます。

出典:鬼滅の刃

一部の者からは自刀という声も上がりましたが、六つの身で当主となったお館様(輝哉?)が止めに入りました。
『父を亡くし心の弱っている子供に更なる心労をかけて申し訳なかった』と自分を責めます。

さらに「私は恐らく鬼舞辻無惨を倒すために特別強く作られて生まれてきたのだと思う」と言いました。

続けて「しかし私はしくじった 結局しくじってしまったのだ 私がしくじったせいでこれからもまた多くの人の命が奪われる」と。

心苦しい」と呟きながら・・・・・・

あまりにも縁壱に起こったことが多すぎて、炭治郎はかける言葉も見つかりませんでした。

これが炭治郎の祖先の炭吉だったら声をかけられたのかもしれませんが・・・・・・

しばらく沈黙が続きます。

『どうにかしてあげたい この人は深く傷ついてここに来たんだ どうにかー・・・」と考えていると・・・・・・?

小さい女の子(すみれちゃん)が「だっこー」と縁壱にせがみました。

炭治郎はあ「あっ だっ・・・抱いてやってください 高く持ち上げてやると喜ぶので あなたは私よりも上背もあるし…

初めは抱えているだけの縁壱でしたが、『ヒョイ』と高く掲げるとすみれちゃんは「キャハハッ」と大喜び!

出典:鬼滅の刃

とても嬉しそうなすみれちゃんを見ているうちに縁壱の目からは涙が。

出典:鬼滅の刃

すると「炭吉さん ただいまー 」と炭吉の奥さんのすや子さんがたくさんの栗を持って帰ってきました。
見てこれ! 今年の栗 こんなに大きいのよ」と言って二人に見せようとしましたが、縁壱がすみれちゃんを抱きしめているのを見て、思わず「どうしたの・・・」と呟きます。

すみれちゃんを抱きしめながら泣いている縁壱にすや子さんは「あれー? まー!縁壱さんじゃない」と縁壱に気づきました。

そんなに泣いてどうしたの! きっと大丈夫よー」と優しく宥めます。

そして頭をなでなでしながら「お腹いっぱいご飯たべさせてあげますから ねっ! 元気出して!ほらあ」と縁壱元気づけるすや子さん。

すや子さん、元気で何だかいいなあー。

こういう奥さん、素敵ですよね!

その様子を涙を流しながら炭治郎は見ていました。
『戦いの最中だというのはわかっている それでも縁壱さんの心が何百年も昔に亡くなっているこの人の心が」
そして炭治郎はほんの少しでも縁壱が救われることを願わずにはいられませんでした。

スポンサーリンク

187話をを読んだ感想

今回もすごい内容でしたね!

無惨には心臓が7個、脳が5個もあるってどんなだよ!と思いましたが、でもこれで縁壱の剣技の型十三の型が生み出されたわけですね。

あと“無惨の肉体が弾き飛んでいった“という設定もとても斬新でした。

縁壱が斬ることができなかった肉片の一部が今の無惨へと繋がっているのでしょうか?

一つ気になったのは、なぜ珠世さんは無惨と一緒に行動していたのか、ということですが、無惨が死んで(?)涙を流しながら無惨への無念を晴らした珠世さんは一体何を考えていたのでしょうか?

と珠世さんに聞いてみたいところですが、残念ながら珠世さんはもうこの世からいなくなってしまいました・・・

次回はもしかして炭治郎に縁壱が十三の型を教えたるするのかなー!と気になるところですね!

まだ先祖の意識編はもう少し続くのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました