ワンピースの四皇の強さランキング【最強は誰だ?】

ONE PIECE
出典:ONEPIECE

今回は、『ワンピース』の四皇の強さランキングを考察し、発表していきます。

該当メンバーは5名です。

  • エドワード・ニューゲート
  • カイドウ
  • シャンクス
  • シャーロット・リンリン
  • マーシャル・D・ティーチ

元四皇と呼ばれていた白ひげも加えて見ていきたいと思います。

4位 カイドウのプロフィール【名前・身長・懸賞金】

出典:ONE PIECE

  • 名前 カイドウ
  • 身長 不明
  • 懸賞金 46億1110万ベリー

 

第4位は百獣のカイドウがランクインしました。

 

カイドウはドンキホーテ・ドフラミンゴと取引をし、人造悪魔の実であるSMILEを手に入れ、動物系(ゾオン系)悪魔の実の能力者集団を組織しています。

しかし、ルフィとローの海賊同盟によって、ドフラミンゴが敗北し、SMILEを入手できなくなってしまったため、ルフィとローを標的にしています。

現在はワノ国将軍の黒炭オロチと手を組んで、ワノ国を制圧しています。

 

カイドウはあまりにも強すぎるがゆえに、誰にも殺されることがなかったので、強い自殺願望を持っています。

初登場時も、自殺をしようと空島から飛び降りますが、なんと無傷で自殺することができませんでした。

また、支配欲がかなり強く、カイドウの強さを知っても、なお立ち向かってくるような人物を心が折れるまで拷問、監禁することで屈服させ、自身の部下にしています。

カイドウの能力・悪魔の実

出典:ONE PIECE

カイドウは龍(ドラゴン)に姿を変えることができる悪魔の実の能力者であることが判明しています。

しかし何の悪魔の実の能力者なのかはまだ分かっていません。

リュウリュウの実、モデルドラゴンと個人的には予想しており、龍の能力者であることから幻獣種であると思われます。

 

龍の姿になって空を飛ぶことも可能です。

初登場時に空島から自殺したときも、自身の飛行能力によって空島まで飛んだのではないかと考えられています。

 

元々の身長、体格もかなり大きいですが、能力によって龍の姿になった際もその体の大きさはかなりのものです。

遠くのおでん城跡から見てもその大きさははっきりとでかく描かれています。

 

おでん城跡にいる麦わらの一味に対して、火を噴く技、熱息(ボロブレス)を炸裂させました。

その一撃でおでん城跡を消滅させてしまいます。

カイドウの戦歴・強さエピソード

出典:ONE PIECE

王下七武海であるゲッコー・モリアに勝利したという過去を持つカイドウ。

 

初登場時には、空島から自殺しようと落ちた場所にいたのが、ユースタス・キャプテン・キッド、バジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーの海賊同盟でした。

彼らとの戦闘シーンは描かれておらず、回想シーンのみが描かれています。

 

カイドウからすればまだまだひよっこ海賊団なのかもしれませんが、ホーキンスは戦意喪失し、そのままカイドウの傘下に入ることになりました。

またキッドは屈服することなく、最後まで抵抗し、ボロボロになるまで闘い続けますが、そのままカイドウに捕らわれてしまいます。

最悪の世代と呼ばれている彼らでしたが、カイドウの前では虫けら同然でした。

 

ワノ国編では麦わらの一味がカイドウから狙われてしまい、それを庇うために、ルフィが立ちはだかりました。

四皇との戦闘でいきなり大技であるゴムゴムの象銃(エレファントガン)を炸裂されるルフィ。

その後もゴムゴムの象銃乱打(エレファントガトリング)で吹き飛ばし、龍の姿だったカイドウを人型に戻しました。

その直後も猛攻は止まらず、ギア4弾む男(バウンドマン)を発動し、ゴムゴムの猿王群鴉砲(コングオルガン)でカイドウを吹き飛ばすルフィ。

 

大技の連続でカイドウを押しているように見えましたが、そこにカイドウの技である雷鳴八卦(らいめいはっけ)がルフィに直撃します。

カイドウは金棒を一振りするだけで、ルフィ一撃でKOしてしまいました。

新世界編が始まって、圧倒的な力を前にルフィが敗北したのは今回が初めてです。

 

ワノ国編では四皇のシャーロット・リンリンと競り合うシーンも描かれています。

 

まだまだ描かれていないカイドウの力もあるはずなので、更なるカイドウの強さが分かる能力、技などが出てくるのが楽しみですね。

3位 エドワード・ニューゲートのプロフィール【名前・身長・懸賞金】

出典:ONE PIECE

  • 名前 エドワード・ニューゲート
  • 身長 666cm
  • 懸賞金 50億4600万ベリー

第3位は元四皇の白ひげ、エドワード・ニューゲートがランクインしました。

頂上戦争編にて、海軍に捕まってしまったポートガス・D・エースを助ける為に、戦死してしまった2白ひげ。

 

白ひげ海賊団の船長を務め、海賊団には16名の隊長がいます。

他にも傘下の海賊達が数多く存在します。

仲間たちからは親父と呼ばれており、白ひげ自身も仲間たちのことを息子として接していました。

過去、白ひげは昔乗っていた海賊団の船で家族が欲しいと語っており、白ひげ海賊団は白ひげが望んでいた家族のような存在であったと伺えます。

 

魚人島、リュウグウ王国を含む、数多くの国々を自身の縄張りとしていましたが、その国々を支配していた訳ではありません。

白ひげが縄張りにすることで、他の海賊達が手を出せなくなり、実質は白ひげの力に守られていたことになります。

エドワード・ニューゲートの能力・悪魔の実

出典:ONE PIECE

白ひげはグラグラの実の地震人間です。

地震を起こすことができ、世界を滅ぼすことができる力とも言われていました。

その力は絶大で、頂上戦争編では、海軍本部マリンフォードで地震を引き起こし、シャボンディ諸島に津波が押し寄せる程の力を持っていました。

 

地震を引き起こすだけでなく、手に力を込めて地震の力を相手に直接ぶつけることもできます。

 

また、覇王色の覇気を持っており、同じ四皇である、シャンクスと対峙した際は覇王色の覇気の衝突によって、天が割れるような描写がされていました。

エドワード・ニューゲートの戦歴・強さエピソード

出典:ONE PIECE

白ひげが主に活躍した戦闘シーンは、頂上戦争です。

 

頂上戦争編では、凄まじい力を見せた白ひげですが、過去編にて海賊王であるゴール・D・ロジャーとの戦闘も描かれています。

ロジャーとの戦闘を見ると、病気を患っていたことや老いなどから全盛期に比べて力が劣っていたのだと感じます。

ロジャーと一戦交えた際は、島全体が荒れ、近くにあった船は転覆してしまう程の力を発揮します。

2位 シャンクスのプロフィール【名前・身長・懸賞金】

出典:ONE PIECE

  • 名前 シャンクス
  • 身長 199cm
  • 懸賞金 40億4890万ベリー

 

第2位には赤髪のシャンクスがランクインしました。

ルフィの命の恩人であり、海賊を志すキッカケとなったシャンクス。

登場回数も少なく、戦闘シーンもほぼ皆無の彼ですが、今回第2位に選ばせていただきました。

 

ワンピースという物語の要所要所で登場することが多いキャラクターです。

白ひげ海賊団の2番隊隊長、ポートガス・D・エースが仲間殺しの禁忌を犯してしまった黒ひげを探していた際も、黒ひげから手を引くように白ひげに直談判しに行きました。

頂上戦争でも白ひげとエースが戦死してしまったにも関わらず、戦争が終わらない状況で、頂上戦争に終止符を打ちました。

 

最近では世界会議(レヴェリー)が行われているマリージョアに侵入。

五老星に何やら話を持ち掛けている様子が描かれています。

 

物語の重要なカギを握っているキャラクターとして描かれていることが多いので、今後活躍が期待されているキャラクターの一人です。

シャンクスの能力・悪魔の実

出典:ONE PIECE

現在、シャンクスの能力、悪魔の実は不明です。

12年前、フーシャ村にて海王類に襲われそうになったルフィを助けました。

その際は海に入っても溺れていない為、12年前の時点では、悪魔の実の能力者でないことがわかっていますが、その後現在に至るまでの間で何らかの悪魔の実を食べた可能性があります。

 

また、覇王色の覇気の持ち主で、白ひげと対立した際には覇王色の覇気を衝突させて、天が割れる程の威力を発揮しました。

シャンクスの戦歴・強さエピソード

出典:ONE PIECE

シャンクスはガッツリした戦闘シーンは描かれていませんが、その強さが分かるエピソードを紹介していきます。

 

まず、王下七武海のジュラキュール・ミホークとライバル関係にあります。

ルフィを助けたことで左腕を失ったシャンクスですが、ミホークからは片腕のお前に興味はないと言われてしまいます。

 

頂上戦争編では、暴走する赤犬を片腕に止めています。

そしてそのまま頂上戦争を終戦へと向かわせました。

 

マリージョアでは、五老星を前に話をしに侵入します。

政府の土地、しかも五老星の前に単独で姿を現すのは、シャンクスが強いからなのか、他に何か理由があるのか。

強さだけではなく、謎もまだまだ多いですね。

1位 マーシャル・D・ティーチのプロフィール【名前・身長・懸賞金】

  • 名前 マーシャル・D・ティーチ
  • 身長 344㎝
  • 懸賞金 22億4760万ベリー

 

黒ひげこと、マーシャル・D・ティーチが第1位にランクインしました。

元白ひげ海賊団のクルーでしたが、そもそもヤミヤミの実を手に入れる為に白ひげの船に乗っていました。

そんなある日ヤミヤミの実を手に入れたのは、白ひげ海賊団の4番隊隊長のサッチでした。

 

白ひげ海賊団では、悪魔の実を見つけた者が食べても良いというルールでしたが、どうしてもヤミヤミの実を手に入れたいティーチはサッチを殺し、ヤミヤミの実を盗み、逃げ出してしまいます。

仲間殺しという禁忌を犯してしまったティーチを同じ2番隊のエースが追いかけ探す旅にでます。

 

そしてエースと対立したティーチはエースを倒し、エースを海軍に引き渡すことで王下七武海に加入します。

その後、七武海の権力を使い、インペルダウンへ侵入し、レベル6の囚人たちを数名引き連れ、黒ひげ海賊団を結成。

新世界へ行くと瞬く間に、力を伸ばしていき、今では四皇の座にまで上り詰めました。

マーシャル・D・ティーチの能力・悪魔の実

出典:ONE PIECE

ティーチはヤミヤミの実の能力者です。

自然系(ロギア)の能力者ですが、他の自然系(ロギア)の悪魔の実とは異なり、能力によって物理攻撃を無効化することはできません。

しかし、敵の悪魔の実の能力を無効化し、自然系(ロギア)の能力者に対しても物理的攻撃を与えることができるという特異な悪魔の実の能力者です。

 

ティーチが生み出す、闇は全てを飲み込むことができ、町をも飲み込みます。

また闇で飲み込んだものは吐き出すことも可能です。

 

頂上戦争では、白ひげのグラグラの実の能力を奪い、自身の能力に変えてしまいました。

ヤミヤミの実という特異な能力を持ち、さらに世界をも滅ぼしかねない、グラグラの実の能力も持っているティーチは現状能力だけで言えば、最強と言っても過言ではありません。

マーシャル・D・ティーチの戦歴・強さエピソード

出典:ONE PIECE

エースとの戦いでは、エースのメラメラの実の能力で火傷を多数負いながらもヤミヤミの実の特異な能力を用い、エースに見事勝利します。

 

また、誰も成しえたことのない複数の悪魔の実の能力を所持することに成功し、世界を脅かしました。

簡単に敵から攻撃を受けたり、インペルダウンではマゼランの毒を浴びて死の一歩手前までいったこともあるティーチですが、新世界に突入してからは凄まじい程のスピードで成長を遂げています。

四皇同士で戦った場合一番の弱いのは誰?【考察】

出典:ONE PIECE

四皇で戦った場合、一番弱いのは、今回ランクインをしなかったビッグマムこと、シャーロット・リンリンではないかと考察します。

四皇と言われる程、強いキャラクターなので強いことには変わりありません。

 

ビッグマムの力は絶大で、ソルソルの実の能力で相手の寿命を奪うことさえできます。

また純粋な戦闘力もかなり強く凄まじいパワーを秘めています。

 

今回一番弱いと判断した理由は、お菓子が大好きであることです。

このお菓子が食べたいという状態になって食いわずらいを引き起こしてしまいます。

この症状が出てしまうともう誰もビッグマムを止めることができません。

我を忘れて、暴走し、対象のお菓子が食べられるまでその暴走は続きます。

 

一見、誰も止められず、強く見えますが、四皇同士の戦いではこれが逆に弱点となるのではないでしょうか。

 

我を忘れて、正常な判断ができない状態では、四皇相手にまともに戦うことはできないように思えます。

ワンピースの四皇の強さランキングまとめ

以上が四皇の強さランキングでした。

順位をまとめると

  • 1位 マーシャル・D・ティーチ
  • 2位 シャンクス
  • 3位 エドワード・ニューゲート
  • 4位 カイドウ

そして四皇同士で戦うと一番弱いのはシャーロット・リンリンです。

2020年1月末現在、四皇との戦いも少しずつ描かれるようになってきました。

今後のワンピースでも四皇の戦闘シーンが数多く描かれることかと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました