千と千尋「あの日の川で」がテーマ曲になれなかった理由は?

ジブリ

千と千尋の神隠しのテーマ曲は、「いつも何度でも」です。

しかし、当初はテーマ曲は「あの日の川で」という曲をテーマ曲としました。

今回は、「あの日の川で」の歌詞とテーマ曲になれなかった理由について紹介します。

「あの日の川で」の歌詞

「あの日の川で」

陽のさす裏庭から 忘れていた木戸をぬけ
生け垣が影おとす道をいく
むこうから走って来る幼い子は わたし
ずぶぬれで泣きながらすれちがう
砂場の足跡をたどって もっと先へ
いまは 埋もれてしまった川まで

ゴミの間の水草が揺れている
あの小さな川で、私はあなたに出会った
わたしのクツがゆっくり流れていく
小さな渦にまかれて消える
心をおおうチリが晴れる
目をかくすくもりが消える
手は空気に触れ
足は地面のはずみを受けとめる
誰かのために生きている私
私のために生きてくれてた誰か

わたしは あの日 川へ行ったのだ
わたしは あなたの 川へ行ったのだ

出典:千と千尋の神隠し―Spirited away (ロマンアルバム)

曲はこちらから視聴できます。

「いつも何度でも」がテーマ曲にならなかった理由

曲のテイスト的には、「いつも何度でも」と同じく優しい感じの歌ですね。

宮崎駿監督が久石譲にテーマ曲として作らせたそうです。

千と千尋の神隠し完成までに「いつも何度でも」の詞は出来ていましたが、曲が間に合わず、テーマ曲とはなることはありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました