キャプテンジョンの正体は元ロックス海賊団で!財宝は?

今回はキャプテンジョンの正体について紹介します。

キャプテンジョンの影・正体は?

結論から言いますとキャプテンジョンの影の正体は元ロックス海賊団メンバーであり、アルコール中毒者です。

 

キャプテンジョンは死後、元王下七武海のゲッコー・モリアに遺体を盗まれモリアの悪魔の実「カゲカゲの実」の能力でゾンビとして復活しました。

モリアの能力は人の持つもう一つの魂と呼ばれる「影」を抜き取り、人や動物、物にその影を入れる等できる能力。

その能力でキャプテンジョンはアル中であった人物の影を入れられました。

影を入れられるとその影の人物の人格、強さが反映されます。

その影響でキャプテンジョンは常に酒を飲んでおり、その言動も酔っ払いそのものなのです。

キャプテンジョンの強さ・能力

キャプテンジョンの戦闘力なのですがモリアの支配下にいるアル中ゾンビ状態は、ハッキリ言って強くはないと思います。

強くはないのですが、キャプテンジョンは「将軍(ジェネラル)ゾンビ」と呼ばれるクラスのゾンビで、生前に名を馳せた戦士の肉体を使っているワンランク上のゾンビ。

現在のアル中でやる気のない状態でもそのクラスにいるので、生前のキャプテンジョンはかなりの強さを誇っていたのではないでしょうか?

2020年現在キャプテンジョンの強さ・能力は出てきていませんが、過去の話が出てきた際に判明されるのを待ちましょう。

キャプテンジョンの財宝とは?

キャプテンジョンはスリラーバーク編以前より登場しています。

厳密に言うと会話のみに登場するのです。

 

単行本25巻にてバギーがキャプテンジョンのについて話したのが初登場になります。

 

その会話内でキャプテンジョンの残した財宝についての会話をしているのです。

 

財宝の正体は分かっていませんが、キャプテンジョンはかつて財宝の為に残忍の限り尽くした男らしいので、そんじょそこらのお宝ではない事は間違い無いでしょう!

キャプテンジョンの正体は元ロックス海賊団


バギーの話からするとかなりの大物の海賊だったのは確定的で、気になる所ですよね。

やはりキャプテンジョンの経歴は半端じゃないことが判明しました。

 

その経歴とは…なんとあの伝説の海賊団「ロックス海賊団」の一員だった事が判明!

ロックス海賊団といえば「海賊王・ゴール・D・ロジャー」が現れるまで全海賊の覇権を握っていた伝説の海賊「ロックス・D・ベーシック」が率いていた大海賊団です。

 

船員もかなりの大物揃いで、のちの四皇になる「白ひげ」「百獣のカイドウ」「ビック・マム」

その他にも映画「STRONG WORLD」に登場する、かつてロジャーや白ひげ達と覇権を争った「金獅子のシキ」など、後に大海賊団を率いるメンバーが揃っていました。

 

上の画像にあるように元海軍元帥センゴクがキャプテンジョンは元ロックス海賊団であると語っています。

この場面で金獅子と一緒に語られている所を見る感じ、やはりキャプテンジョンは大物の海賊だったのが間違いないようですね。

キャプテンジョンの初登場シーンはスリラーバーク編

キャプテン・ジョンの初登場シーンはスリラーバーク編です。アブサロムにこき使われる「ゾンビ兵の一人」として登場しています。

アブサロムからは「グズグズするな」と雑魚キャラ同然の扱いを受けています。

スリラーバーグ編でキャプテンジョンのゾンビが言ったトレジャーマークとは?

トレジャーマークとは「キャプテン・ジョンの財宝」のことです。

そしてその「宝のありか」をしめす地図が書かれていたのがガラス付きのバンドです。

このガラス付きのバンドを、ルフィが腕に着用していたバンドだったので、バギーが驚愕するシーンは印象的です。

バギーは当初、ルフィ―を騙してでもバンドを奪おうと目論んでいましが、結局はポートガス・D・エースの救出を手伝ってもらう代わりにルフィ自ら進んでバギーに渡すことになります。

キャプテンジョンとモリアの関係


モリアと言えば、四皇のカイドウに敗北した後、ワノ国からリューマの遺体を盗み出した過去があります。

そう考えると、モリアが、キャプテン・ジョンの遺体をワノ国から持ち去った可能性も考えられます。実際、トレジャーマークもモリアのお宝の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました