ワンピース974話ネタバレと感想【いざ、鬼ヶ島!!】

ONE PIECE
出典:ONEPIECE

今回は、『ワンピース』974話の【いざ、鬼ヶ島!!】のネタバレ考察をしていきたいと思います。

前回、トキも命を落とし、20年後の未来へタイムスリップし、ワノ国を救うべく動き出した錦えもんやモモの助。

一部の侍たちは、20年後の戦いまで耐えることを決意しました。

傳ジローの正体も狂死郎だと判明し、日和は、小紫として生きていたことも明らかにされました。

過去編が終わり、今回からは本編に戻ります。

カイドウとの戦いがどう進んでいくのか、見ていきましょう!

スポンサーリンク

ワノ国編本編

出典:ONEPIECE

974話のネタバレの前に少しだけワノ国編の本編がどこまで進んでいたかをおさらいしておきましょう。

 

カイドウを倒すために、麦わらの一味や侍たち、そしてミンク族など戦力が徐々に集まってきていました。

その兵力は、4200人。

秘密裏に動き、着々と準備を進めてきました。

そしてついに作戦決行の日です。

4200人の兵が常影港に集結し、カイドウのいる鬼ヶ島へ向かいます。

しかし常影港に来たのは、ネコマムシと傳ジローを除く、赤鞘九人男とモモの助のみでした。

スポンサーリンク

小紫死亡と丑三つ小僧の謎

出典:ONEPIECE

本編の前にもう少しだけ過去編が続きます。

丑三つ小僧がえびす町にお金をバラまいていた謎が明らかにされました。

日和が小紫として稼いだお金を裏で狂死郎に渡し、狂死郎は、それを受け取り、丑三つ小僧としてえびす町にバラまいていました。

 

また狂死郎が小紫を斬り捨て、殺してしまった件についてもトリックが明かされました。

小紫として花魁の世界で約20年も頑張ってきた日和。

その頑張りのおかげでオロチは小紫に惚れ、お気に入りの存在となりました。

自身の父、おでんやトキが死んでしまう原因となったオロチの側にいるだけでも辛いはずなのにそれらを我慢して耐えてきました。

 

そんな日和のことを気にしてか、狂死郎は毎日、着物の内側に血のりを仕込むように指示を出しました。

もし、日和の身に危険が及んだときには、日和をオロチから引きはがすために、小紫を殺すという芝居をすることを約束しました。

 

オロチへの粗相により、狂死郎が小紫を殺したと思われていたシーンの謎が解けました。

こうした真実を知ってから読むと、狂死郎が小紫を斬る直前の会話も意味深に聞こえます。

やってくれたな小紫…覚悟は?

ありんす

 

この狂死郎の言う覚悟が、オロチに逆らったことで死ぬ覚悟ではなく、小紫は死に、正体を隠して、日和として生きていく、死ぬより辛い生き方をする覚悟、カイドウ、オロチと戦う覚悟はあるのかという意味に取れます。

スポンサーリンク

スパイの存在

出典:ONEPIECE

本編から遡ること数か月前、トキの能力によって、錦えもん、カン十郎、雷ぞう、菊之丞、モモの助が20年前から飛んできました。

この頃からすでにカイドウとオロチにタイムスリップしてきたことがバレていたようで、スパイから届いた手紙を見て、オロチはかなり焦った様子です。

 

これにはカイドウも誰かがイタズラで手紙をよこしたのではと疑います。

焦り、ビビっているオロチは、海岸に見張りを配置させます。

一方カイドウは、光月の生き残りに聞きたいことがあると、侍たちを見つけても殺すなと命令しました。

 

ここでスパイについて初めてオロチの口から語られました。

そのスパイは、大衆演劇の一座として生まれ、役者として舞台上で生きてきました。

しかし大名殺しの一族であることを理由に、迫害を受け、舞台上で両親を殺されてしまいました。

 

大名殺しの一族ということから予想できた方もいるのではないでしょうか。

このスパイとは黒炭家の一族だったのです。

しかも黒炭本家の末裔でした。

両親を目の前で殺されたショックで心を失い、自分も失い、誰かを演じることでしか生きることができなくなっていました。

そんなスパイと似た境遇を持っていたオロチは、スパイに近づき、悪魔の実を差し出します。

役者として、本物の光月家の人間を演じて、光月として死ぬ。

それがオロチの命令でした。

誰かを演じることしかできないスパイにとっては、ありがたい提案でした。

そして死に場所まで与えてくれたオロチに感謝し、命令通りに任務を遂行していくことを決意したのです。

これまで、おでんによる奇襲の情報を漏らしたり、オロチがおでん城に金を借りにいった際も、必要額の倍の金額を金庫から出したりしていたスパイ。

今度は、錦えもんらがタイムスリップしてきたという情報も漏らしています。

 

これまでオロチの命令を気味が悪いほど忠実に遂行してきたと言います。

スポンサーリンク

ついに現代へ!

出典:ONEPIECE

光月おでん、トキの死から20年。

ワノ国は、カイドウ、オロチによって支配され、生き残り、タイムスリップしてきた侍たちは、ワノ国を救うべく同士を募ります。

ルフィやローと出会い、ゾウでは、ミンク族のイヌアラシ、ネコマムシと再会を果たします。

ワノ国へ辿り着いてからも、着々と兵力を集め、その数は4200人まで増えました。

しかしスパイによって情報が漏らされてしまい、4200人の兵は常影港に集結することができませんでした。

 

そんな状況でも少ない人数で、カイドウのいる鬼ヶ島へ向かおうとする錦えもん。

モモの助を無謀だとそれを止めます。

 

モモの助が必死に錦えもんたちを止めますが、小舟に乗って錦えもん、カン十郎、雷ぞう、菊之丞、河松、アシュラ、イヌアラシたちは、鬼ヶ島へ向かいました。

天候は大荒れで嵐。

もう後戻りはできません。

 

鬼ヶ島へ向かう彼らを心配そうに見つめるのはモモの助としのぶでした。

スパイの正体

出典:ONEPIECE

鬼ヶ島への道中、作戦が漏れていることから、小舟に乗っている者の中にスパイがいると予想する一同。

これまでの仲間を疑いたくない、今更誰がスパイなのか知りたくもない。

そういう錦えもんに、一同は猛反発。

スパイを見つけ、斬り捨て、前へ進むしかないと主張する菊之丞。

誰がスパイなのかをはっきりさせようと主張するカン十郎は、さらに続けます。

 

おれがそうだって事を!!!

突然のカン十郎の告白に一同は驚きを隠せません。

カン十郎の表情は、これまでと違い、恐ろしいくらいに不気味な表情になっていました。

共に釜茹での刑によって死にかけたことから、信じることのできない錦えもんでしたが、そもそも釜茹での刑を最後に、おでんと共に死ぬことで、役を全うしようとしていたカン十郎。

おでんたちと共に過ごし、信頼を得、オロチとは違い、誰を恨んでいるわけでもありません。

役を全うし、死ぬために、オロチへ情報を漏らし続けるだけ。

 

そこにカン十郎の意志も感情も何もありません。

ゾウに雷ぞうがいることを漏らしたのも、集結する場所を漏らしたのも全てカン十郎の仕業でした。

これまでスパイの存在を知っていながらも、身内を疑うことのなかった赤鞘九人男たち。

カン十郎がスパイであった事実を受け入れたくない、信じられない、怒り、悲しみ。

様々な感情で思考が停止してしまいます。

モモの助を人質に

出典:ONEPIECE

そんな絶望の淵に立たされた彼らの前には、カイドウの部下たちです。

何隻もの船に乗って現れました。

カイドウの部下を呼んだのもカン十郎です。

 

これまで噂話でしかなかった赤鞘九人男が生きているという情報でしたが、本人たちを前にし、噂が本当であったとカイドウの部下たちも沸きます。

こっちのスパイが潜んでたとは!!お前がそうか!!?

カイドウの部下の一言から、彼らはスパイの存在を知らなかったことが分かります。

カイドウの言動からもオロチの口からスパイについて言及されるまでは、カイドウ自身もスパイの存在は知らない様子だったため、カン十郎がスパイであったことはオロチのみが知る真実だったのかもしれません。

 

ここにきて、錦えもんがカン十郎の首を跳ねました。

騒然とする一同。

しかし、カン十郎は話を続けます。

 

「小舟に乗って鬼ヶ島へ向かう途中で赤鞘九人男たちと共に死ぬ。」

そう考えていたカン十郎でしたが、オロチからのモモの助を誘拐してこいという命令からそれに従うことを決意。

カン十郎は、港のモモの助の側におり、モモの助をすでに捕えていました。

 

小舟に一緒に乗っていたカン十郎は、悪魔の能力で描いた自身の分身だったのです。

これまでカン十郎の描く絵は「気の毒な絵」だったはずですが、それすらも演技だったとは、さすがとしか言いようがありません。

モモの助は捕まり、カイドウの船に囲まれてしまった赤鞘九人男たち。

絶体絶命の大ピンチです。

救世主

出典:ONEPIECE

もー!!あんたらよくこんな時に寝てられるわね

あ~直ったのか船……!!

うおー!!食って寝て起きた、おれは一番強ェぞ!!

そんあピンチの状況で、話し声が聞こえてきます。

そんな話し声とともに砲撃をくらうカイドウの船。

突然の出来事に、カイドウの部下たちも混乱します。

 

そこに現れたのは、サニー号です。

海底からは、嵐の中、小船で鬼ヶ島へ向かおうとした侍たちを助けるために潜水艦が現れました。

トラファルガー・ロー率いる、ハートの海賊団のポーラータング号です。

そして反対側からもカイドウの船に砲撃する船が現れます。

ユースタス・キッド率いる、キッド海賊団のヴィクトリアパンク号です。

 

最悪の世代3人が率いる海賊団が現れ、カン十郎もこれには聞いていないと動揺します。

キッドによると別の港に侍たちが集まっていた様子です。

場所を間違えたのでしょうか?

 

カイドウたちの部下も、小舟に乗った侍たちを倒すだけの命令しか聞いていないため、突然の海賊たちの出現に大慌てです。

 

海は海賊が相手だ!!!

スポンサーリンク

感想

今週は、ルフィ、ロー、キッドが登場したところで終わりました。

長かった過去編も終了し、ようやく、現代に話が戻ってきました。

突然スパイであることを告白したカン十郎には、驚きましたね。

これまでネタとして扱われることも多かったカン十郎でしたが、まさかその全てが演技だったとは、演技が上手すぎます。

 

そして久々にルフィたちも登場しました。

どんなときもピンチのときに現れてくれるルフィ。

仲間のためならルフィたちの強さに限界なんてありません。

 

ワノ国編では、登場人物も多く、誰が誰と戦うのか敵の数も多いため見ごたえも十分ありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました