ワンピース978話ネタバレと感想【飛び六胞登場】

ONE PIECE
出典:ONEPIECE

 

今回は、『ワンピース』978話【飛び六胞登場】のネタバレと感想についてまとめていきます。

 

前回の話では、ジンベエが完全に仲間入りを果たします。

麦わらの一味10人で鬼ヶ島の入り口にある鳥居の兵をあっさり倒しました。

 

赤鞘九人男やローたちは、これからの鬼ヶ島での行動について作戦を練ります。

ルフィやキッドたちが、作戦通りに動かないことを予想して、他の仲間たちで鬼ヶ島で二手に分かれ、城の裏口から入る作戦です。

赤鞘九人男たちは、ローの船に乗って、鬼ヶ島の外の海から、鬼ヶ島の裏側に行き、侍たちを島へ上陸させることになりました。

 

宴の真っ最中であるカイドウやオロチのシーンも描かれました。

今まで登場していなかった飛び六砲のメンバーが宴の会場に到着したことで、どのようなメンバーが揃っているのか気になるところです。

また、カイドウの口からワノ国にカイドウの息子が来ていることが明かされました。

 

今回の最新話で、飛び六砲とカイドウの息子が明かされるのか、見どころです。

それでは、978話のネタバレと感想についてまとめていきましょう!

→【関連記事】ワンピース977話ネタバレと感想【宴はやめだ!!!】

スポンサーリンク

作戦開始!

出典:ONEPIECE

ついに奇襲作戦が開始されます。

予定通り、トラファルガー・ローの潜水艦、ポーラタング号に乗る赤鞘の侍たち。

海底を進みながら、鬼ヶ島内の城裏口を目指します。

 

海底を進む道中では、ハートの海賊団の一人であるシャチと侍たちが海底を眺めている様子が描かれています。

進路の確認をしているのか、はたまた海底からの景色をなかなか眺めることのできない侍たちが、楽しんでいるのでしょうか。

セリフも一切ないシーンですので、色んな想像が掻き立てられます。

鬼ヶ島へ上陸!

出典:ONEPIECE

一方、麦わらの一味を含むその他の仲間たちは、鬼ヶ島に上陸を果たします。

麦わらの一味をキッド海賊団は、そのまま城を正面から突破し、パニックを引き起こし、侍、ミンク族は二手に分かれて、城の裏口を目指す作戦です。

ワノ国編の過去回想編が終了してからは、麦わらの一味の輪の中に、ミンク族のキャロットも描かれるようになりました。

ミンク族の軍隊も別で描かれているのに、麦わらの一味と共に描かれるのは、もしかするとキャロットの麦わらの一味加入の伏線なのかもしれません。

鬼ヶ島の見張り

出典:ONEPIECE

鬼ヶ島では、宴会が盛り上がっている様子です。

カン十郎からの報告がまだないのか、警備が強化されている様子もありません。

気付かれていない今が奇襲のチャンスです。

バレる前に速攻で奇襲をかけるのが得策ですが、鬼ヶ島の入り口からカイドウの城までは少し距離があり、速攻で奇襲をかけるのは、難しそうです。

 

さらにここで、ウソップが見張りの存在に気付きます。

数は少ないものの、見張りは要所要所に配置されているようですが、その見張りたちも酒を呑み、火祭りの宴会を楽しんでいます。

見張りも鬼ヶ島へ入ってくる船影に気付きますが、何の情報もないのと酔っぱらっているのか、事態がよくわかっていない状態です。

 

おそらく、本来は鳥居に配置された見張りから鬼ヶ島へ入ってくる船や人物の情報が伝達されるのではないでしょうか?

もし客人が来たのであれば、鬼ヶ島の城前の見張りが城内へ案内する流れなのかもしれません。

しかし、見張りには何も情報が入っていません。

 

緑星!!眠り草!!

 

見張りが敵襲だと気付き、カイドウたちに連絡を入れる前に、ウソップが動きます。

他の侍やミンク族たちが見張りの存在に気付いたときには、すでにウソップの攻撃によって眠らされた後でした。

 

見張りに一早く気付けたのは、ウソップの見聞色の覇気のおかげなのかもしれません。

ウソップはドレスローザ編で見聞色の覇気が覚醒したような描写がされていました。

それからのワノ国の決戦の日までの間に、見聞色の覇気を操れるようになっている可能性があります。

ウソップの戦闘では、見聞色の覇気を使用するシーンが描かれるかもしれませんね!

侍たちの覚悟

侍

出典:ONEPIECE

今回の奇襲作戦には、数多くの仲間がいます。

侍たちだけではなく、ミンク族や狂死郎一家、キッド海賊団に麦わら海賊団。

そして、この数多くの仲間たちを乗せるために、たくさんの船も存在します。

 

鬼ヶ島上陸のために、これだけ多くの船を停泊させてしまえば、カイドウやオロチにバレるのは時間の問題です。

ジンベエも船の隠し場所について、危惧しています。

 

しかし、侍たちはとんでもない方法で、船を隠したのでした。

乗ってきた船を全て沈ませ、船の存在をなかったことにしたのです。

 

奇襲作戦は、成功すれば、ワノ国を救うことができますが、失敗すれば待っているのは、死のみです。

帰りの船など必要ありません。

退路を断つことで、もう後戻りはできません。

侍たちの頭の中に、もしものときは逃げるという考えはありません。

勝ってワノ国を救うか、失敗して、全員死ぬかのどちらかです。

世界に君臨している四皇の内2人が鬼ヶ島で待ち構えています。

逃げることのできない状態だからこそ、死ぬ気で、本気で、奇襲作戦を成功させようとする心意気、覚悟が感じられます。

 

麦わらの一味のサウザンドサニー号やキッド海賊団のヴィクトリアパンク号は、奇襲作戦のために作られた、使い捨ての船ではありません。

そのため、沈ませることはできませんが、数隻程度なら船を隠す場所もあり、安心して鬼ヶ島へ上陸することができました。

変装して、鬼ヶ島へ溶け込む

出典:ONEPIECE

さらに奇襲作戦を成功させるために、もう一つの策がありました。

錦えもんのフクフクの実の能力で、仲間たち全員をカイドウの部下と同じ服装に変装させたのです。

麦わらの一味やキッド海賊団たちも、カイドウの部下コスチュームに変装します。

 

錦えもんは、服装が変化したことに驚いていたキッドらにアドバイスしました。

鬼ヶ島をどう攻めて、どのようにカイドウたちと戦っても良いし、それはキッドたちの自由です。

しかし、敵の兵力は実に5倍以上あります。

それに四皇の一味で、一人一人の戦力も手強いものだと予想できます。

 

その戦力差を埋めるためには、戦い方を工夫しなければなりません。

そのとき、この変装を活用して役に立たせてほしいとキッドに告げました。

 

今後、このコスチュームが奇襲作戦にどのように役立つのか。

キッドたちは、どのようにコスチュームを活用するのか気になるところです。

 

無駄な戦いは避けて通るべきだという錦えもんの考えから立てられた策です。

敵にバレずにスムーズに城の内部へ辿り着けるように慎重かつ迅速に行動しなければなりません。

この変装のおかげで、それが可能になるのではないでしょうか?

 

一度脱いだりしてしまえば、元の衣装に戻ってしまうと錦えもんから助言が与えられました。

錦えもんが戦いに敗れて、倒れたときも能力が解除されて服装が戻ってしまうと思われます。

錦えもんが倒れるという伏線でなければと少し不安になってしまったのは、考えすぎなのでしょうか……。

スポンサーリンク

敵勢力にはどんなキャラクターたちが存在するのか?

ONEPIECE

出典:ONEPIECE

舞台は、カイドウサイドに移ります。

相も変わらず、宴会は大盛り上がりの様子です。

 

最悪の世代の一人、スクラッチメン・アプーもDJとして音楽を奏でて、場を盛り上げます。

年に一度行われる盛大な宴会である火祭り。

アプーが楽しみにしている金色神楽もこの火祭りの中で行われます。

 

年に一度の金色神楽というワードと共に、アプーが久々に描かれていること。

アプーが金色神楽を楽しみにしているという発言から、金色神楽の様子が描かれたときに、アプーが何か動き出すのではないかと予想しています。

それは果たして、麦わらの一味にとって良い方向に動くのか、それとも悪い方向に動くのかも見どころです。

 

盛り上がる中、大看板の一人であるクイーンが登場します。

ここで、クイーンから、カイドウ、オロチ、ビッグ・マムが率いる敵側の勢力の説明が入ります。

まずはじめに紹介されたのは、カイドウの部下たちです。

百獣海賊団の戦闘員のほとんどは、SMILEと呼ばれる人造悪魔の実の能力者によって構成されています。

王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴによって製造、売買されていたものでした。

しかし、ルフィとローによって、ドフラミンゴが海軍に捕まってしまったため、SMILEによって能力者を増やすことはできなくなってしまいました。

 

このSMILEという果実は、かなり不安定な悪魔の実です。

そのため、SMILEを食べて、能力を得られるのは、わずか1割の選ばれた者のみなのです。

 

カイドウの部下たちは、このSMILEを食べたかどうかなどで大きく3つに分類されます。

まず1つ目は、ウェイターズです。

SMILEを食べて、能力者になりたいと望んでいる者たちで、SMILEが回ってくる順番を待っています。

ドフラミンゴ陥落によってすでにSMILEは製造されていないため、もう順番が回ってくることはないかもしれませんね。

まだSMILEを食べていないため、非能力者です。

 

次に紹介されたのは、プレジャーズです。

SMILEを食べてましたが、能力者になれなかった者たちのことを示します。

SMILEによって能力を得られるのは、たった1割であると先程、説明しました。

残りの能力が発現しなかった9割はどうなってしまうのでしょうか?

SMILEには副作用が存在します。

能力が発現しなかった者たちは、笑うこと以外の感情を失ってしまうのです。

怒りや悲しみなどの感情を持っていたとしても、笑うことしかできません。

何が起こっても、笑う以外の感情表現をすることができなくなってしまいます。

SMILEという名前の由来は、この副作用からきています。

また、キッド海賊団のキラーや、えびす町の住民もSMILEの副作用によって笑うことしかできなくなってしまいました。

 

そして最後にギフターズです。

SMILEを食べて、見事能力を得ることができたたった1割の選ばれた存在です。

全員が動物系(ゾオン系)の能力者となりました。

一人一人の能力が強く、簡単に倒せる相手ではありません。

 

そして、このギフターズの中でもさらに選ばれた強者たちのことを真打ちと呼んでいます。

その強さは、他のカイドウの部下と比べると、かなりの強さです。

最悪の世代の一人であるバジル・ホーキンスも真打ちの一人です。

すでに作中では、真打ちが登場し、ルフィたちと一悶着引き起こすシーンが描かれてきました。

その様子を見る限り、ほとんどの真打ちはそこまで強くない印象を受けます。

ルフィたちが戦うとすれば、もっと上の役職者たちではないかと思われます。

また、百獣海賊団の傘下に加入しているアプーに関しても、真打ちではないかと予想しています。

 

そして番外編ではありますが、カイドウの部下の特異な存在として、ナンバーズが存在しています。

詳細は未だに明かされていませんが、ワノ国の過去回想や、カイドウの部下のやり取りなどで、その存在が明かされてきました。

宴会で騒いでいる様子も描かれています。

その容姿は鬼のような姿をしており、かなり巨大なシルエットが描かれています。

戦闘力も強いようで、奇襲作戦においてかなり苦戦してしまうのではないかと考えられています。

ワノ国の過去編では、おでんや赤鞘の侍たちが、ナンバーズと戦うシーンが描かれていました。

ナンバーズと対峙した際の作戦も何かしら練っているかもしれませんね。

 

そして、オロチの部下も紹介されます。

オロチの部下と言えば、強者揃いなのが、お庭番衆です。

11人の忍者集団で、オロチに仕えて任務を遂行します。

中でも一番の強者は福ロクジュです。

元々は、おでんに仕えていた福ロクジュ。

いつしかオロチ側に寝返り、お庭番衆の中で隊長を務めています。

しのぶとは、かつて光月家に仕えていた忍者仲間です。

福ロクジュとしのぶの因縁の対決が見られるかもしれませんね!

 

そして、ビッグ・マム海賊団。

ホールケーキアイランド編では、ルフィたちと対峙しました。

ほとんどがビッグ・マムの子供たちで構成されており、全員がかなりの強者です。

ルフィたちもかなり苦戦したことを考えると、ビッグ・マム海賊団の参戦は痛手です。

先に城内にいたビッグ・マムですが、子供たちはまだ到着していなかった様子です。

しかし、もう鬼ヶ島の城付近まで来ているようなので、ルフィたちと鉢合わせないかどうかが心配なところです。

飛び六胞

飛び六胞

出典:ONEPIECE

そして、気になる飛び六胞。

真打ちの中でも、特に強いとされる6名のことを示します。

大看板の下の地位に就く彼らは、いわゆる幹部的な存在です。

これまで、飛び六胞は、最悪の世代の一人であるX(ディエス)・ドレークとページワンしか明かされていませんでした。

今回のお話で、飛び六胞全員の姿と名前が明かされたのです。

飛び六胞の一人、うるティは、女性キャラクターです。

ページワンの姉であり、毒舌で口が悪く、正直な性格であることが会話の中で分かります。

ページワンは、一度サンジと対峙したシーンが描かれていましたが、人間の姿では、今回が初登場です。

フーズ・フーは鼻から上が仮面で覆われています。

クイーンが死んだあとの次の大看板が誰なのかを考えている辺り、大看板を狙っているように感じます。

顔がわからないため、既出のキャラクターで、ルフィたちの味方になる可能性も考えられます。

ブラックマリアは花魁のような容姿をした女性キャラクターです。

見るからに他の飛び六胞と比較して、大きな体をしています。

巨人族なのかは不明ですが、何らかの種族なのかもしれません。

下半身が描かれていないため、もしかすると人魚である可能性もありますね。

そして、ササキは鋭い牙を持っているのが特徴です、口元だけを見ると魚人族と言われてもおかしくない見た目をしています。

最後にX(ディエス)・ドレークです。

かつて海軍にいた彼は、後に海賊となり賞金首になりました。

新世界編では、海軍本部君津特殊部隊SWORDの隊長であることも発覚しており、カイドウの首を狙っている可能性もあります。

どのような立ち回りを見せるのかが楽しみな人物の一人です。

 

カイドウに呼び出された飛び六胞でしたが、カイドウの急用によって待たされている様子です。

カイドウの急用と言えば、いつも決まって家族問題。

カイドウの息子に関することで、何か急用ができたのかもしれません。

スポンサーリンク

感想

前半部分では、鬼ヶ島への侵入を着々と進めていく、ルフィたちの姿が描かれていました。

ウソップが少し活躍を見せたり、侍たちの奇襲作戦に対する、本気度と覚悟を改めて実感させられました。

後半部分では、これからルフィたちが戦う敵と勢力の復習として、解説がされました。

ワノ国編は、味方も敵も含めてかなりの登場人物が描かれています。

それらがわかりやすく描かれていたため、混乱していた読者にとっては良かったのではないかと思います。

 

今回は紹介されていませんが、カン十郎やまだ未登場のカイドウの息子。

詳しい説明は省かれていましたが、ビッグ・マム海賊団のメンバーもかなり多くのキャラクターが存在します。

またホーキンスやアプー、ドレークなど、最悪の世代のメンバーについても、今はカイドウ側として描かれていますが、今後どのような立ち回りをするのか不明です。

戦いの中で勢力図も大きく変わってくることが予想されます。

 

今のうちにホールケーキアイランド編やワノ国編を見返して、どのような敵が存在するのか確認しておくと良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました