ワンピース977話ネタバレと感想【宴はやめだ!!!】

ONE PIECE
出典:ONEPIECE

今回は、『ワンピース』977話【宴はやめだ!!!】のネタバレ感想、考察記事を書きたいと思います。

 

前回の話では、カン十郎に捕まってしまっていたモモの助がついに鬼ヶ島へ誘拐されてしまいました。

しかし、これまでのようにビビって助けを求めるだけのモモの助ではありません。

自身の心配よりも、カイドウ、オロチを倒すことを優先するよう、仲間に指示を出しました。

 

モモの助が男を見せたことで、ルフィは必ずモモの助を助けに行くことを約束したのです。

モモの助の成長と仲間たちとの友情が描かれました。

 

そして、976話の一番の盛り上がりは、何と言ってもジンベエの麦わらの一味加入でした。

→【関連記事】ワンピース976話ネタバレと感想【お控えなすって!!!

魚人島編でジンベエを仲間に誘い、ホールケーキアイランド編ではビッグ・マムたちの手からルフィを逃がしてくれたジンベエ。

そのジンベエがついに操舵手として、正式に仲間になります。

 

元王下七武海という巨大な戦力を手にした麦わらの一味。

ワノ国ではどのような活躍をしてくれるのでしょうか?

それでは、977話のネタバレ感想と考察をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジンベエがついに仲間に!

ワンピース ジンベエ

出典:ONEPIECE

カイドウの船が搭載していた、遠距離砲に苦戦していましたが、ジンベエの活躍により、敵船を破壊することに成功しました。

そして、ジンベエも麦わらの一味に加入したことで、麦わらの一味のメンバーも喜んでいる様子が描かれています。

どうやら、ビッグ・マムとの戦いの後、タイヨウの海賊団の負傷者を手当てしたり、ジンベエの送別会をしたりで盛り上がっていた様子です。

 

ジンベエの加入を喜ぶシーンには、ミンク族のキャロットもジンベエに駆け寄り、喜んでいる姿が描かれています。

ホールケーキアイランド編では、サンジを連れ戻すために、ルフィ、ナミ、チョッパー、ブルックと共にキャロットも奮闘しました。

しかし、共についていったペドロがルフィたちを守るために犠牲になってしまったのです。

 

ジンベエもルフィたちを守るために、自分を犠牲にして、ビッグ・マム海賊団たちと戦いました。

ペドロのように命を落としてほしくないという気持ちは人一倍強かったことが予想されます。

そんなジンベエが無事に帰還しました。

 

麦わらの一味とはまた違った感情かもしれませんが、ジンベエの姿を見て、安心したのでしょう。

ジンベエの操舵技術

ワンピース ジンベエ

出典:ONEPIECE

ホールケーキアイランド編終盤、ビッグ・マム海賊団の追っ手から逃げる際には、ジンベエの操舵技術によって、逃げられたと言っても過言ではありません。

ビッグ・マムは津波に命を与え、サニー号を飲み込むように命令しました。

しかし、ジンベエは敢えてその津波に突っ込んでいき、その見事な操舵技術でサーフィンのように波に乗り、津波を回避したのです。

 

ジンベエが操舵手になる伏線はこれまでにもいくつか確認できていました。

ホールケーキアイランド編でビッグ・マムから逃げるシーンもその一つです。

実はインペルダウン編でも、ジンベエが船を操舵している姿が描かれていました。

 

インペルダウンから脱獄し、海軍本部を向かう脱獄囚たち。

そのときの船をジンベエが操舵していたのです。

ジンベエが操舵できることはあらゆるシーンで描かれていたのです。

 

ジンベエの加入が決まって、騒ぐ麦わらの一味ですが、宴をしようとしています。

早く鬼ヶ島へ行って、モモの助を救出したり、カイドウやオロチ、ビッグ・マムを倒さなければならないというときなのに、意外と皆乗り気です。

酒を積んでいないというサンジですが、ゾロは、酒の匂いがするとも話しています。

スポンサーリンク

作戦会議

錦えもん

出典:ONEPIECE

騒いでいる麦わらの一味でしたが、錦えもんがこれからの行動について、確認しておくために、作戦会議をしようと提案しています。

しかし、ローがそれを制止。

麦わらの一味には、作戦なんて無意味だと告げました。

 

ドレスローザ編で、ドフラミンゴを失策させるために、作戦を立てていたロー。

蓋を開けてみると、ルフィは勝手な行動を取り、あらかじめ立てた作戦は失敗に終わりました。

ルフィに振り回された経験から、ローはルフィに作戦を伝えるだけ無駄だと考えているのでしょう。

 

作戦会議のために、ローの船には続々と各組織のリーダー格が集まってきます。

ミング族の代表には、イヌアラシ銃士隊隊長のシシリアンが立候補します。

イヌアラシやネコマムシは赤鞘九人男として、行動しなければならないため、2人に代わって、ミンク族の指揮官に立候補してくれました。

 

また侍たちの代表には、元のワノ国の大親分であった、ヒョウ五郎が立候補します。

鬼ヶ島の内部

全力のシシリアン 花のヒョウ五郎

出典:ONEPIECE

鬼ヶ島への入り口は正面に一つのみです。

正面の鳥居を潜って鬼ヶ島へ入ることができます。

 

島の中央には、巨大なドクロがあり、ドクロの周囲には山が囲んであります。

またドクロの内部に城があり、その城内にカイドウ、オロチ、ビッグ・マムが宴をしているのです。

ドクロの裏側には、城への裏口があるため、そこから城へ侵入する予定です。

 

鬼ヶ島へ侵入した後は、兵を二手に分けて山道を進み、鬼ヶ島の裏口に行き、城内へ侵入。

酔ったカイドウに奇襲をかけるという作戦です。

 

ルフィはこれを無視して、正面突破する予感しかしません。

いつもは一応作戦を聞いている、麦わらの一味のメンバーですが、今回は誰も作戦を聞いていないので、麦わらの一味は単独で城内を荒らすのかもしれませんね。

本当の作戦…カン十郎を欺け!!

カン十郎

出典:ONEPIECE

しかし、問題はカン十郎にこの作戦が漏れていることです。

錦えもんがカン十郎を出し抜くためにわざと間違った作戦を漏らしていると思っている傳ジロー。

この鬼ヶ島への侵入作戦もカン十郎を出し抜くために、本当の作戦を隠していると思っています。

 

でもこれが本当の作戦です。

これ以外の作戦を用意していない錦えもんは、傳ジローから本当の作戦を聞かれて焦りの表情を見せます。

 

ここで頭の切れるローが再度作戦を説明し直します。

ローは作戦を立てても、正面から侵入する者が2名いると予想しています。

おそらくルフィとキッドのことでしょう。

 

この2名が侵入することは止められないと知っているローは、ルフィとキッドを囮にする作戦を計画しました。

そのため、錦えもんが建てた作戦通りに、鬼ヶ島へ侵入した後は、二手に分かれて山道を進みます。

しかし、これまでもが囮です。

 

赤鞘九人男たちは、ローの潜水艦で、鬼ヶ島の外を海から回り込み、ローのオペオペの実の能力で、城の裏口から侵入させようというのです。

錦えもんと傳ジローは、皆を先導したいということで山道を進む2グループにそれぞれ付き、他の赤鞘九人男たちは、ローの船で回り込むことで作戦が決定しました。

スポンサーリンク

第一関門、鳥居の門番

麦わらの一味

出典:ONEPIECE

作戦会議をしている間に、麦わらの一味がどこへ消えてしまいました。

すると、霧の奥で爆発がし、ルフィの声が聞こえます。

 

鳥居の前には要塞があり、火祭りの夜になると、要塞で大勢の兵士が宴をしているというのです。

その大勢の兵士に討ち入りがバレてしまっては、奇襲作戦は失敗に終わってしまいます。

 

しかし、麦わらの一味がそんな兵士に負けるわけがありません。

瞬く間に兵士たちを倒し、鳥居前の要塞を落としてしまいます。

 

ナミ、ウソップ、チョッパーはその様子をじっと隠れて見ていました。

久々の弱卒トリオ登場です。

普段は、ルフィたちの陰であまり戦わない弱卒トリオですが、いざというときはかなりの戦力になってくれるはずです。

 

鳥居前には、大量の兵器があります。

もしルフィたちが先陣を切って、奇襲をかけていなければ、今頃数隻の船は、攻撃を受けて沈んでいたかもしれません。

ジンベエの加入祝い!?

ワンピース ジンベエ

出典:ONEPIECE

大勢の兵士が、酒盛りしているところを見事に奇襲し、壊滅させたルフィたち。

ゾロが酒の匂いがすると言っていたのは、この兵士たちの酒だったんですね。

ゾロの酒の嗅覚は恐るべしです。

 

赤鞘九人男たちも、第一の関門を軽々と突破してしまった麦わらの一味に驚かされるばかりです。

 

そして、敵の酒を奪って、ジンベエの加入祝いをはじめようとします。

 

 

しかし、ルフィは乾杯をやめました。

この宴は、カイドウとの戦いに勝ち、全てが終わってから、侍たちも含めて皆でやろうと提案します。

 

今までで一番大きな戦いです。

戦い後の宴も今までで一番大きな宴になるに違いありません。

麦わらの一味のメンバーもルフィの提案に乗ります。

スポンサーリンク

キッド海賊団の絆

キッド海賊団

出典:ONEPIECE

麦わらの一味が鳥居前の要塞を落としている間に、キッド海賊団たちも鬼ヶ島へ上陸しようとします。

キッド海賊団のメンバーであるキラーは、カイドウに捕まった後、人造悪魔の実のSMILEを食べさせられます。

しかし、能力は発現せず、副作用により、笑う以外の感情を表に出すことができない体になってしまいました。

 

キラー自身、自分の笑い方が嫌で、それをバカにしてきたやつらを殺してきたような人物です。

そして、その笑い方を嫌い、仮面を被って、素顔を隠して生きてきました。

 

今では、そんなキラーを気遣って、キッド海賊団全員が、キラーと同じ笑い方をするようになっています。

キラーがその笑い方を嫌わないように、みんなでキラーの笑い方をしたのです。

キラー一人のために、明るい海賊団になってやると心に誓ったのです。

 

ルフィもキッドに負けじと、船を進めます。

 

スポンサーリンク

火祭りの宴

カイドウ

出典:ONEPIECE

一方、カイドウやオロチ、ビッグ・マムが参加する宴は大いに盛り上がっている様子です。

そこで気になったのは、カイドウのこの一言です。

 

あいつァどうしたウチの息子だよ!!顔ぐれェ見せろ!!宴だぞ!!!

 

カイドウに息子がいると判明したのです。

その正体は、すでに既存のキャラクターなのか、それとも新キャラクターなのか。

カイドウの息子ということで、かなりの強さであることが予想されます。

 

思わぬ強敵と思われるキャラクターの登場に、カイドウ討伐がさらに厳しくなった印象を受けます。

 

そして、百獣海賊団の飛び六砲も城へ到着した模様です。

飛び六砲のメンバーもまだ全員は明かされていません。

どのような顔触れが揃っているのでしょうか?

 

最悪の世代のドレークも飛び六砲の一人です。

そのレベルのメンバーが揃っているとなると、なかなか苦戦するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

感想

今回は、見事鬼ヶ島上陸直前まで描かれています。

そして、カイドウ討伐への作戦も公開されました。

 

作戦通りにはなかなかいかないことが予想されますが、今後の展開はどうなるのか。

麦わらの一味がどのくらい敵を混乱させることができるのか見物です。

 

そして気になる点がさらに増えました。

カイドウの息子です。

 

カイドウに息子がいたことも驚きですが、一体どのようなキャラクターなのか気になります。

個人的には、既存のキャラクターがカイドウの息子なのではないかと思います。

まさかの最悪の世代であるスクラッチメン・アプーという予想をしています。

 

アプーは手長族です。

カイドウは手長族ではありませんが、妻が手長族であれば納得できます。

これも個人的にですが、カイドウもアプーも少し中国の特色を感じられる容姿、恰好をしているようにも思います。

 

飛び六砲も登場しました。

まだどのような顔触れかはわかりませんが、強敵であることには変わりありません。

 

カイドウの息子と飛び六砲、近いうちに正体が明かされるかと思うとワクワクが止まりませんね!

コメント

  1. […] →【関連記事】ワンピース977話ネタバレと感想【宴はやめだ!!!】 […]

タイトルとURLをコピーしました