ワンピースのキャラの体型が気持ち悪い・おかしいと言われる理由

巷でワンピースのキャラの体型が気持ち悪い・おかしいと言われています。

今回はなぜキャラの体型がおかしい・気持ち悪いと言われているのか理由をまとめました。

ワンピースの体型がおかしい

ワンピースキャラで体型がおかしいと言われる理由はキャラに対して絵が合っていないからです。

具体的に説明すると、女性キャラは基本、「胸が大きい、ウエストが極端に細い、足が長い」となっています。

これでは一般読者の女性像とあまりにもかけ離れています。このような女性がたくさんいればいいのですが、現実は甘くなく、瓜二つのキャラはいません。

それに対して男性キャラは基本、細身で身長も平均くらいで描かれています。しかし、敵には奇形キャラが多く存在しており、「そこまで不細工に作り上げるか」「身長・体型も人間の3〜4倍以上」というキャラが多数います。

まとめると、女性キャラはスタイルがおかしい、敵キャラは奇形が多く気持ち悪いということです。

ワンピースの女キャラのウエストが細すぎる?

ここでは各キャラごとに具体的にウエストが細すぎる点について紹介していきます。

①ナミ

  • 身長169cm
  • バスト98cm
  • ウエスト58cm
  • ヒップ88cm

ナミの身長、スリーサイズはとなっており、ボン・キュ・ボンの正に理想のスタイルです。日本人女性の平均ウエストは67〜69cmで、モデルの人で平均58cmくらいです。

モデル体型の人でウエスト58cmは現実にいますので、数値としては現実味があります。しかし、ウエスト58cmが原作で描かれているナミだと極端に「くの字」になっていて、あり得ない描写になっています。

そんな描写体型の人は世界中でもなかなか居ないため、それが一般読者から見ると、極端にウエストが細すぎると感じてしまいます。

②ニコ・ロビン

  • 身長169cm
  • バスト100cm
  • ウエスト60cm
  • ヒップ90cm

ロビンの身長、スリーサイズは、ナミとほぼ同じです。ウエストは60cmと数値は普通ですが、原作で描かれているロビンはナミよりもくびれているのではないかというぐらい、くの字になっています。

マンガだから仕方ないかもしれませんが、くびれがそんなに直角になってる人間はいませんw

アニメでは服装によってはウエストが更に細くなる描写があり、砂時計のように見えます。そのため、ロビンのスタイルに違和感を覚える読者も多いです。

③ボア・ハンコック

  • 身長191cm
  • バスト111cm
  • ウエスト61cm
  • ヒップ91cm

ハンコックの身長、スリーサイズはハンコックもナミやロビンに並ぶスタイルです。ウエストは少し大きめですが、数値的には日本人平均より細く、モデル並みです。ハンコックも数値で見るとおかしくないのですが、原作で描かれると、ウエストの部分が異様に細いです。

服装やシーンによっては、やはり砂時計に見えます。上記のように3例を挙げましたが、ワンピースに登場する女性キャラはウエストが細く、砂時計に近い描写ばかりです。これでは現実を求める読者には違和感しか残らないですね。

ワンピースの奇形キャラ体型気持ち悪いまとめ

ここでは奇形キャラ名を挙げて、具体的に何が気持ち悪いのかを紹介していきます。

①ダイフゴー(サソリのSMILE)

ワノ国編で登場したキャラでSMILEを食べ、サソリの力を得ています。SMILEの影響なのか、悪魔の実のゾオン系のように人型・獣型・人獣型に変化できません。そのため常時、人獣型なのですが、その姿が気持ち悪いです。

ダイフゴーは完全にサソリ化になっていないため、人間の足が6本になっており、その時点で気持ち悪いです。見た目も黒いため、遠くから見ると、ゴキブリに見えなくありません。なぜか頭からサソリの毒を持つと思われる尾が生えており、気持ち悪さ満点です。

②ブリスゴラ(ゴリラのSMILE)

こちらもワノ国編で登場したキャラでSMILEを食べ、ゴリラ人間になっています。しかし、ゴリラ人間のはずが、ゴリラがなぜか左手の先からゴリラが生えています。

人間1人とゴリラ1匹が一つの身体で繋がっているという不気味な見た目で、このような生物は
見たことがありません。どうやって相手に攻撃したりするのか、不思議で仕方ありませんが、一般的な雑魚敵よりは強いのでしょう。

③ハムレット(キリンのSMILE)

こちらもワノ国で登場したキャラでSMILEを食べ、キリン人間になっています。人獣型にしかなれないのは仕方ないのですが、キリンの頭の代わりに人間が1人ついています。頭は人間、首から下はキリンという不気味な人間キリンの登場です。

ただのキリンの方が強いのではないかと思いますし、この頭についている人間は床に立つことができるのかも怪しいです。謎すぎて、読者は作者がなぜこのキャラを出したのか理解できないでしょう。

④エドワード・ウィーブル(白ひげJr.)

ウィーブルは自称・白ひげの息子と名乗っており、新世界編では七武海になっています。このキャラの顔はハッキリ言うと、ブサメンです。鼻は白髭で隠れていて見えませんし、体型の割に顔が小さく細長い、上唇は逆への字、下唇はへの字、目も異様に小さく、アンバランスな見た目に驚きを隠せません。

他の奇形キャラも上記のようにアンバランスな見た目になっています。読者もなぜ、こんなに不細工なキャラを出すのか、理解できません。

ワンピースのキャラの体型がおかしいまとめ

ワンピースのキャラがおかしい体型をまとめます。女性キャラはウエストの数値は現実味があるが、描写が極端にくの字になっていたり、砂時計みたいになっていて、違和感が残る。

男性の奇形キャラは顔が不細工かつ、アンバランスな体型をしており、一般読者からは抵抗がある。あくまでマンガの世界なので仕方ないと言う方もいますが、最近の読者は現実味があるキャラを求めています。

ストーリーなどは夢があっていいかもしれませんが、キャラの描写は現実味がないと、受け入れ難いのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました