鬼滅の刃186話ネタバレと感想!【古の記憶】

鬼滅の刃
出典:鬼滅の刃

今回は鬼滅の刃186話『古の記憶』のネタバレと感想です。

炭治郎が迷い込んだのはどこ?

出典:鬼滅の刃

瀕死の炭治郎の意識はどこに迷い込んだのでしょうか?

これ・・・ うちか? いや・・・似てるけど少し違う うちじゃない

出典:鬼滅の刃

そこにいたのは先祖の炭吉でした。

薪割りをしている炭吉に走馬灯を見ている炭治郎。

走馬灯を見ているのか?

すると炭治郎の足元に小さい女の子(炭吉の娘?)が寄ってきます。

とーたん

迷う炭治郎ですが、女の子が「うー んー」とある方向を指していました。

炭治郎は指さすほうを見ると、男性が1人立っていました。

始まりの呼吸の剣士 縁壱さんか・・・・・・?

出典:鬼滅の刃

立っていたのはまさに始まりの呼吸の剣士の縁壱でした。

縁壱はぺこりと頭を下げます。

現世では

出典:鬼滅の刃

村田くんが懸命の蘇生マッサージを炭治郎に行なっていました。

炭治郎の状態を確認した村田くんはビックリします。

息してない! 心臓止まってる!? 俺の心臓と息の音がうるさすぎてわからん・・・!

何と炭治郎は“死んでしまっている”状態だったのです。

その時後ろから「村田ーっ」と同期から呼ばれ、驚く村田くん。

その同期は「良かった 無事だったか」と声をかけると「びっくりしたあ」と村田くん。

すると同期がこう言いました。

手伝ってくれ 愈史郎が下敷きになっているんだ」と。

何と愈史郎くん、生存していたのです!

それでも村田くんは「えっ だけど炭治郎も死にそうで・・・・・・」と言いますが、同期は村田くんを愈史郎くんがいるところに連れていきます。

愈史郎を助ければ手当てしてくれるだろ!! アイツ何かわけのわかんないことできるし 急げ急げ

確かに同期の言っていることは正しいな!

炭治郎と縁壱

出典:鬼滅の刃

一方炭吉(炭治郎)と縁壱とは縁側に座っていました。

誰かに 話を聞いてほしかった」と縁壱は言いました。

さらに縁壱は続けます。

随分考えて 思い浮かんだのが お前とすやこの顔だった

すると炭治郎はドキドキしながら「もしかしたら十三番めの型について聞けるかもしれない」と思いつきます。

二年振りでしょうか お元気そうで良かったです 」と口を開きました。

でも自分の思っていることではありません。

そうか 当然だ これは遺伝した先祖の記憶だから干渉できないんだ

炭治郎の記憶ではなく、先祖の記憶だったんですね。

すると縁壱は「お前たちが幸せそうで嬉しい 幸せそうな人間を見ると幸せな気持ちになれる」と言いました。

続けて「この世はありとあらゆるものが美しい この世界に生まれ落ちることができただけで幸福だと思う」と空を見上げながら言いました。

縁壱の記憶

縁壱は炭吉(炭治郎)に自分の記憶について語り始めました。

出典:鬼滅の刃

出典:鬼滅の刃

忌み子のため、なかなか口を利かなかった幼少期の縁壱。

そんな縁壱ですが、母と兄に優しく愛されて育ちました。

そして母が病死した後、縁壱はすぐに家を出ます。

どこまでも続く美しい空の下を思い切り走ってみたかった」と。

そして走り続けた縁壱は自分と同じ年頃の少女と出会います。

出典:鬼滅の刃

名前は“うた”。

流行り病で家族全員を失ったうたは一人きりで寂しいからおたまじゃくしを連れて帰ろうとしますが、結局田んぼに逃がしてしまいます。

じゃあ俺が一緒に家へ帰ろう」と声をかけると、「えっ?」とまるで黒曜石のような瞳で涙を流しているうたの顔を初めて見るのでした。

出典:鬼滅の刃

縁壱はうたと一緒に暮らすことになりました。

うたは朝から晩までよく喋る明るい女の子でした。

うたのお陰で他人と自分の世界の視え方が違うことを初めて知ります。

そして糸の切れた凧のような縁壱の手をしっかりと繋いでくれる人でした。

出典:鬼滅の刃

やがて二人は夫婦になり、うたは臨月を迎え産婆を迎えに出かけた縁壱。

途中である老人と出会い、老人を息子の元に送り届け、家路を急ぎました。

すると縁壱が目にしたのはうたが鬼によって殺されていた姿でした。

お腹の子供諸共に。

出典:鬼滅の刃

自分が命より大切に思っているものでも 他人は容易く踏みつけにできるのだ

縁壱は十日程ぼんやりと妻と子供の亡骸を抱いていました。

鬼の足跡を追ってきた剣士に弔ってやらねば。可哀想と言われるまで。

縁壱の夢は“家族と静かに暮らすこと”でした。

小さな家で布団を並べて眠りたい。

愛する人の顔が見える距離。

手を伸ばせばすぐに繋げる 届く距離。

それだけでよかったのに、結局叶いませんでした。

縁壱は鬼がこの美しい世界に存在しているために鬼狩りになりました。

他の剣士は呼吸が使えなかったため、縁壱は彼らに呼吸の使い方を教えます。

出典:鬼滅の刃

“柱”と呼ばれていた剣士達はとても優秀で、元々使っていた剣術の型に上乗せして呼吸を使い、飛躍的に力が向上していきました。

これが今の柱の礎だったんですね。

鬼狩りには縁壱の兄も加わり力を貸してくれました。

それから間もなくして、縁壱は鬼の始祖を見つけ出しました。

そう、それが無惨だったのです。

出典:鬼滅の刃

って横にいるのは珠世さんじゃないですか!

何故珠世さんが?

その時縁壱は思いました。

私はこの男を倒すために生まれてきてくれてきたのだとわかった」と。

出典:鬼滅の刃

186話を読んだ感想

今回も読者に大ダメージを与えるような内容でした。

炭治郎の意識は先祖の記憶に迷い込んでしまったんですね。

そして縁壱さんの過去も知ることになると……

縁壱さんの過去の話を読んでいたらあまりの辛さに涙が出そうになりました(いや、出ました!)。

こうして縁壱さんは鬼狩りとなり、そして鬼殺隊へと繋がっていくわけですね。

さて来週はどんなことが待ち受けているのか!

炭治郎は蘇生するのか? 禰豆子ちゃんはどうするのか?

そして縁壱さんはどうなるのか?

早く続きが気になりますね!

《閑話休題》

ところで鬼滅の刃が『Yahoo!検索大賞 カルチャーカテゴリーのアニメ部門賞』を獲得したそうで!

おめでとうございます!

コミックス18巻も右肩上がりで売れているみたいで、まさに今年は『鬼滅ブーム』な1年でしたね!

来年もこの調子で好調だと嬉しい限りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました