ワンピース966話ネタバレと感想【ロジャーと白ひげ】

ONE PIECE
出典:ONEPIECE

今回はワンピース966話「ロジャーと白ひげ」のネタバレについて書いていきたいと思います。

過去編にて白ひげの船に乗った光月おでんでしたが、ロジャーと一緒に冒険してたんじゃないの?と

思っていた方も多いはず! 光月おでんとロジャーの出会いが明かされます!

それでは早速見ていきましょう。

ロジャーの戦闘

出典:ONEPIECE

今まで謎に包まれていたゴール・D・ロジャーですが、初の戦闘シーンが描かれています。

ロジャー海賊団と白ひげ海賊団の戦闘。

圧倒的強さで攻め込む光月おでんですが、そこにロジャーが立ちはだかります。

神避!!!

あの光月おでんも一撃で吹き飛ばされてしまいます。

恐るべき威力です…。

ここで神避とはどんな意味なのか調べてみると、

神通力を使って消え去る。という意味があるようです。

おでんはロジャーの神避によって切られたというより吹き飛ばされたように見えます。

斬撃というよりも剣を使用して衝撃派を生み出し、おでんを吹き飛ばしたのではないでしょうか。

 

そしてロジャーと白ひげが一戦交えます。

ロジャーと白ひげの剣はそれぞれ黒く染まっています。

武装色の覇気を纏っているのでしょうか。

剣を振りかざしますが、凄い威力でお互いの剣が触れることはありません。

覇王色の覇気の衝突のようにも見えます。

これにはさすがのおでんも驚きを隠せません。

触れてねぇ!!」と感銘を受けます。

その迫力は島全体に衝撃が走る程の威力です。

波は大荒れ、木々は強風で折れてしまうのではというくらいしなります。

さすがは伝説の海賊たちです。

 

ロジャーと白ひげの直接対決を合図にして他のクルーたちも戦闘開始。

戦いは三日三晩続きます。

見習い時代の黒ひげ登場!

出典:ONEPIECE

戦闘のあとはロジャー&白ひげ海賊団で呑みながら物々交換などしている様子が描かれています。

敵であり、同志であり長年戦ってきたからこその関係性が垣間見えます。

ここで黒ひげ登場!このときはまだ見習いだった様子です。

黒ひげの背後にはマルコとダイアモンドジョズの姿もあります。

彼らも当時は見習いだったようですね。

 

同じ見習いのシャンクスとバギーも黒ひげの噂をしています。

一度も眠ったことがねぇんだとよ。

化け物だ。

三日三晩続いた戦いで夜の休戦時に黒ひげは一睡もしていないと噂するこのシーン。

ちょっとした会話ですが、黒ひげの秘密について触れたシーンのように思います。

黒ひげがなぜ他の能力者から能力を奪えるのか。

本当の黒ひげの能力はなんなのか。

その秘密のカギがこの会話に隠されているのではないでしょうか。

 

人生倍楽しいのかな。

一睡もしていない黒ひげを噂したバギーのこの一言も気になります。

光月おでんの力

出典:ONEPIECE

ロジャー、白ひげ、おでんの会話で

おでんがポーネグリフ、つまり古代文字を扱えることが分かりました。

ログポースを辿って最後の島、ロードスターに行き着いたロジャーは最後の島が別にあると話します。

4つのロードポーネグリフが最後の島を示すのだと語るロジャー。

政府が行くことを禁じている最後の島に辿り着くことができれば世界一の海賊になれると

夢を語るロジャーは更に続けます。

そうさ!!そしたらおれはよ………!!

何と言ったかは描かれていませんが、その言葉を聞いた白ひげとおでんは

は⁇

と驚きを隠せません。

おでんはここでもド肝を抜かれています。

おでんの古代文字解読の力を借りて最後の島に行き着く為に、

おでんを1年貸してくれ!!!ニューゲート!!!

おでんを引き抜こうと白ひげに頭を下げるロジャー。

その様子を見て周りのクルーたちも騒然とします。

そんな勝手な行動に怒りをあらわにする白ひげ

フザけんなロジャー!!!おれから家族を奪おうってのか!!!

白ひげにとって、クルーは我が子のような存在です。

クルーたちも白ひげのことをオヤジと呼び慕っています。

そんなクルーであるおでんのことを簡単に敵の船に乗せることはできません。

しかしここでおでんが白ひげに頼み込みます。

行ってみたい。行かせてくれねぇか!!!

ロジャーと戦い、夢を語るロジャーを見て、

感銘を受け、ド肝を抜かれたロジャー。

光月家はなぜ古代文字を扱えるのか、ロジャーについていけば

それがわかるのではないか、もっと凄いものを見られるのではないか。

白ひげの元を離れるのは簡単なことではないと、おでんも承知ですが、

それでもロジャーについていきたいというおでんの覚悟は相当なものだと想像できます。

 

白ひげは納得いかない様子でしたが、おでんはロジャーの船に乗ることに。

ロジャーと共に出航したおでんですが、イヌアラシ、ネコマムシもロジャーの船に乗り込んでいました。

おでんがロジャーの船に乗るきっかけとなった話がこれで明らかになりました。

空島のポーネグリフ

出典:ONEPIECE

最後の島へ行き着く為の旅が始まりました。

その旅の中でロジャーたちが行き着いたのは空島。

ポセイドンの在処を示す空島のポーネグリフを発見したロジャーは

我ここに至り この文を最果てへと導く

この文をポーネグリフに彫るように頼みます。

 

空島編にてロビンがポーネグリフを発見した際、

我ここに至り この文を最果てへと導く」というメッセージが残されていました。

当時はロジャーが古代文字を扱えたのだろうかと疑問に思っていましたが、

おでんの力でポーネグリフを読み解き、メッセージを残したことが分かりました。

 

ロジャーは空島でポーネグリフを発見した際にこう言っています。

この石は強い声がつまっていて見つけ易い 大きな力の話だな?

万物の声が聞けるというロジャー。

古代文字の読み書きはできなくてもポーネグリフの声を声を聞き、

ポーネグリフの在処や大まかな内容を予想できたのではないかと考えられます。

魚人島編では海王類の声を聞き、無意識に万物の声が聞く能力を発揮したルフィ。

万物の声を聞く力とは一体何なのか。

今後も気になるところです。

感想

おでんの過去編ですが、ロジャー、白ひげも登場し少しずつ謎が明かされてきました。

この過去編で最後の島ラフテルがとうとう描かれるかもしれませんね。

しれっと描かれていますが、ログポースを辿った最終地点が水先星島(ロードスター島)であることが明らかにされました。

ルフィがこの島に辿り着く日は来るのでしょうか。

 

今回の過去編では今までの過去編とは違いこれまで登場したことのある既存のキャラたちが多数描かれています。

見習い時代のシャンクスやバギー、黒ひげ。

マルコやジョズも見習いだったり、イゾウがおでんについてきて白ひげのクルー入りしたり

若かりし頃のレイリーも出てきました。

ワノ国、おでんの過去編なのでこれらのキャラの目立った描写、活躍は描かれていませんが、

さらっと他のキャラ達の背景が描かれているところも楽しみの一つですね。

ロジャーの船に乗ったおでん、過去編も終盤に差し掛かっているように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました